ラオス中国陸路攻略

世界一周を終えて、南米からタイにある心の故郷チェンマイで1週間、心も体も休まった私は、陸路で荷物を置いてある中国の広州に向かうことにしました。

2017年の時点で、陸路で南寧→ベトナム→ラオス→タイと移動した経験があるので、今回は別ルートのタイ→ラオス→中国にて向かうことにしました。

当初は、チェンマイ→チェンライ→ルアンパバーン→中国の雲南省と行く予定でしたが、国境(タイ・ラオス)を越えた所(ファイサーイ)で、なんと中国との国境直行のバスを見つけてしまいます。

img_20180314_193548_hht

ルアンパバーンから昆明行きのバスは24時間と聞いていたので、体力的に国境直行の方が楽だ!ということで、ルアンパバーンはスルーすることにしました。丁寧に中国人民元で表記あり、しかも人民元払いもありでした。

行先 価格 出発時間
勐腊Mengla 100元(約1600円) 8AM
景洪JInghong 160元(約2600円) 9AM
昆明Kunming 320元(約3500円) 10AM
ルアンパバーン 2000円ぐらい 6PM
ビエンチャン 3500円ぐらい 10AM

*出発時間は全然参考になりません!チケット売ってくれる人に確認しましょう

出発場所

昆明直行を考えていましたが、ここで気づきます。最近雲南省で話題の観光地であるシーサンパンナ(西双版纳)が近いことに!じゃあ、どうせなら経由しようということで景洪JInghongまで乗ることにしました。チケットを買ったのはイミグレですが、出発場所はイミグレではなかったので、指定されたバスターミナルみたいな所に行って、テキトーに乗りました。(2018年3月時点強調)朝出発して夕方の6~7時ぐらいに到着しました。

img_20180315_111910

2019-01-08

ファイサイの街並み

翌日の出発になるため、ファイサーイの中心部までトゥクトゥクみたいな乗り物で向かい、テキトーな宿を見つけて泊まりました。町は、何もない、そして平和です。テキトーに歩いてたらたまたまあったカフェ(?)らしきところで、ケーキとコーヒーを食べました。代金の一部を寄付に回してるそうで、いい感じのお店でした。夕方にはあっというまに閉店しましたけどね。

img_20180314_185419_hhtimg_20180314_185655img_20180314_203520_hht

img_20180314_183928_hht
メコン川。対面はタイ。

イミグレ

特に問題なく通過できました。パスポートのスタンプが多すぎて、どこいったのか聞かれたぐらいです。磨憨口岸っていうイミグレを通過しました。

img_20180315_143209

到着場所

景洪汽車客運駅。市内から近いので歩いて宿に向かいました。

http://map.baidu.com/?newmap=1&s=inf%26uid%3D22e114079b19f7b5d5b74ee8&sharecallbackflag=poiDetailPage

次はシーサンパンナについて。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中