広州( 行き方、ゲストハウス編)

中国における旅の仕方も大分書いたので、そろそろ具体的な旅の内容を書いていきたいと思います。

宿泊施設の探し方はこちら。中国の列車・飛行機の予約の仕方はこちら

 

とりあえず、私が一番好きな都市広州から書いていきたいと思います。

私の提案する2週間旅プラン&1か月旅プラン(記事はこちら)にも登場する広州です。

 

広州の行き方(値段・時間全て201710月時点)

1、日本から飛行機で直行

*値段:普通。安い時で片道約16000円

*時間:約5時間

2、香港経由の広州行き

*値段:安い。チェックインの荷物無しで7000-1万円+広州までの移動費(2000円-3000円)

*時間:飛行機約5時間+広州へ移動時間3~6時間

*メリット:香港の観光も可。値段・時間も直行とそこまで変わらない。

香港-広州移動メソッド①:バス

香港空港-広州直行バスの時刻表(写真)220HKD(約3000円)

香港广州大巴2

時刻表:http://www.gzpk.net/zgt_hkjctogz.html

香港-広州移動メソッド②:列車

香港ホンハム駅-広州駅の時刻表(写真)170元前後(約2000~3000円)

香港広州列車

時刻表:http://www.020ztc.co

香港-広州移動メソッド③:ローカル線の乗継

一番面倒くさいですが、これが全パターンで最安です!!!

Ⅰ.空港からA43路線のバス(約30HKD)に乗ります。このバスで上水駅という地下鉄の駅に向かいます。Ⅱ.地下鉄に乗り換え、羅湖駅行きの列車(約25HKD)に乗ります。注:落水馬行きは、深セン中心部へ行くので間違いないようにしましょう。Ⅲイミギュレを越え深セン羅湖へ。Ⅳ羅湖駅で広州行の新幹線(79.5元)に乗りましょう。全部で約2000円弱で香港から広州へ行くことができます。

3、東南アジア経由での広州・香港入り

*値段:全部合わせると高くはなるけど、あっちこっちいける。

*時間:東南アジア諸国から近いため時間に余裕があればお勧め。タイ-広州3時間、ハノイ-広州2時間、マレーシアKL-広州4時間、カンボジア-広州3時間。

以下の表にて比較

時間 価格 メリット
直行 約5時間 普通(片道約1.6万-3万) すぐ行ける!
香港経由 約8-11時間 安い(片道約1万-1.5万) 香港見れる!
東南アジア経由 ルートによる。

タイ-広州:3H

ハノイ-広州:2H

マレーシアKL-広州:4H

カンボジア-広州:3H

若干高い(ルートによる) アジアが見れる!

広州のお勧め宿泊施設

過去の日記、宿泊施設の探し方にもある市内チェーンホテルに泊まると大体200元/泊(3000円前後)掛かります。

ゲストハウスは、50元/泊前後(800円前後)でたくさんありますが、外国籍旅行客が宿泊可能な施設は少ないです。Booking.comで外国人宿泊記録があるところを探すor百度マップで「国际青年旅社」を探しましょう。

 

お勧めゲストハウス「广州佰客青年旅社」baikehome青年旅社

地図:http://j.map.baidu.com/ajMnN

部屋を退去してからは、ここに泊まることが多いです。Booking.comでは検索されませんので、百度マップで検索ください。なんとブッキングドットコム始めて、外国人旅行客が増えてます。こちらから。2018年4月追記

こちらのゲストハウス、オーナーも半年に一回ペースで変わってるので、名前は頻繁に変わるかもです。場所も民家の中のマンションの一室、8割方グレーな経営でやっております。外国人の宿泊登録なんかも関係ないって感じでしょう。そんな適当さが好きです。

60元/泊ですが、そこは交渉次第です。私は50元/泊にしてもらってます。

ここに泊まるためには、民家の中にあるので、

1.オーナーに電話して近くに迎えにきてもらう。

2.Wechatでオーナーに連絡して迎えに来てもらう。のどっちかです。

中国語できないと宿泊するのは超難関なんで、若しくは私のWechat追加していただければオーナーに繋ぎます。筆者WechatID:sanyuanniunai

オーナーは日本郵船で働いてる可愛らしい女の子(下の写真右)ですが、日本語は話せません(笑)。

Wechatの使い方が分からない人はこちら。友人のサイトですが、詳しく説明してあります。参考にしてみてください。

 

1531604099

立地的には地下鉄の駅まで歩いて15分ぐらいあるのですが、共有自転車が使えるのであれば市内のど真ん中なので、非常に良い立地です。あと、菊池さんの家から近いので色々便利です。

「国際知了青年旅舎」http://j.map.baidu.com/qg-yN このゲストハウスも市内にあって、外国人の宿泊可能と言っておりました。

外国人宿泊可の「国际青年旅社」(インターナショナルゲストハウス)は、百度マップで検索して見つけられます。外国人宿泊可のゲストハウスの見つけ方はこちら

次は、広州の見所についてです。

1か月旅ルート

香港-広州長沙鳳凰重慶-成都-蘭州-西寧-張掖-トルファン-ウルムチ-タクラマカン砂漠-カシュガル。

1020076444

広州( 行き方、ゲストハウス編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中